2008.9.23 Tuesday - 12:04

Futura — バウハウス全盛期に作られた定番の幾何学的サンセリフ書体

キーワード

Futura(フーツラ・フツーラ・フーチュラなど読み方は人それぞれ)は、1925年前後にドイツのPaul Renner(パウル・レナー)によって制作された欧文書体です。Futuraとは“future”を意味し、ラテン語で“未来”を意味します。ファミリーのExtra BoldはEdwin W. Shaar氏によって制作されたようです。

Helveticaと同様にFuturaも欧文書体の中では定番な存在ですが、大きな特徴は幾何学的(ジオメトリック)デザインであること。ウェイトバリエーションが豊富に取り揃えられており、どんなデザインにも合います。

またFuturaに似た書体としてAvenir (Avenir Next)やCentury Gothicなどがよく例に挙げられますが、結局のところFutura以外のFuturaはありません。

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)のロゴタイプは、このFuturaが使われていることもあり、この書体が使われているのを見たことがない人はまずいないはず。

制作者のPaul Renner氏がドイツ人であったこともあり、日本ではFuturaはナチスを連想させるため、イスラエルでは使えない等といった都市伝説があるようですが、まったくのウソであると日本人欧文書体デザイナーの小林 章氏は述べています。

Futuraはライセンスによって、Adobe、URW++、Bitstream、ParaType、Bertholdなど多数のブランドのFuturaが存在します。海外でもどのブランドのFuturaがベストか議論されていることもあります。

Futuraが好きすぎてたまらない方には、Futuraが使われたデザインだけをあつめたビジュアルブックFutura (I Love Type)がおすすめです。

My Fontで“Futura”を探す
http://www.myfonts.com/search/futura/fonts/

ここにもFutura
http://kokofutura.exblog.jp/

PAGE TOP