2012.2.20 Monday - 16:43

国内のWebフォントサービスまとめ【2015年10月版】

海外のWebフォントサービスまとめに続いて、日本語フォントが使える国内のWebフォントサービスをまとめてみました(順不同)。

競争の激しい分野であるため、サービス内容や料金、参加メーカーに変更がある場合があります。最新情報は公式サイトにて確認ください。

2015.11.12 … デコもじがサービス終了予定
2015.10.21 … Adobe Typekitを追加 ほか情報をアップデート
2013.08.01 … Reatltypeを追加
2013.07.02 … TypeSquareにFont Bureau、Fonts.comにアクシスフォントを追加
2013.03.13 … TypeSquareにタイプバンクを追加など
2012.06.20 … FONT+がモリサワのフォントの提供を開始
2012.04.24 … FONT+がモリサワのフォントの提供開始を発表
2012.04.09 … もじでぱがニィスフォントとC&Gのフォントを提供開始
2012.03.15 … アマナイメージズ WEBフォントを追加

FONT+(フォントプラス)

http://webfont.fontplus.jp/
フォントワークス、イワタ、モトヤ、白舟書体などの大手フォントメーカーが参加する、いわゆるLETS連盟の本格的Webフォントサービスですが、競合だと思われたモリサワのフォントの提供も開始し、着実に国内を代表するWebフォントサービスとして成長しています。開発・運営はソフトバンク・テクノロジー社が担当。日本語フォントの容量を気にせず、最低限の文字だけでフォントファイルを生成するダイナミック・サブセット技術を導入。

FONT+(フォントプラス)

TypeSquare(タイプスクウェア)

http://www.typesquare.com/
デザイナーなら知らない人はいない、日本のフォントメーカーのトップであるモリサワによるWebフォントサービス。モリサワ自身は敢えて“クラブドフォント”とし、将来的な展開も視野に入れているそうです。組版を確認できる便利な「クラウドフォントーシュミレータ」を実装し、ダイナミック・サブセット技術も導入済み。Font Bureauの欧文書体も使うことができます。

TypeSquare(タイプスクウェア)

Adobe Typekit

http://typekit.com/
Adobe Creative Cloudを構成するアプリケーション群の1つとなっているアドビのフォントサービス。Webフォントのみならず、デスクトップフォントとして同期し使うこともできる(一部を覗く)。元々は欧文フォントのみのサービスでしたが、近年は自社の日本語フォントである「源ノ角ゴシック」や「小塚明朝・ゴシック」の取り扱いを開始。さらにはモリサワと提携し、同社の主要基本フォントも利用できるようになりました。

デコもじ

http://decomoji.jp/
実質国内初のWebフォントサービスで、女性向けのかわいらしい手書き風文字が多いなか、字游工房やタイプバンク、タイプラボ、個人作家による数多くのフォントも提供しています。日本語フォントに限らずURW++ブランドの欧文フォントや中国語・韓国語にも対応。ダイナミック・サブセット技術やWordPressプラグインを導入済み。
*2015年11月30日に新規会員登録受付終了、2016年11月30日にはフォント配信を含め全サービス終了予定

デコもじ

アマナイメージズ WEBフォント

http://amanaimages.com/font/web/
写真やイラストの素材販売の分野で強いアマナイメージズ (amanaimages) による、Webフォントサービス。字游工房やTypeBankなど大手フォントメーカーが参加しています。ブラウザや使い勝手は国内競合他社とほぼ同等ですが、大きく違うのは1書体あたり525円/月という課金方式となっていること。またPV数については“月間50万ページビュー程度が目安”とある通り、厳密に決められていないようです。バッジが強制表示されますが、フリートライアルフォントがあるため、導入前に使い勝手を確認してみるとよいでしょう。
アマナイメージズ WEBフォント

もじでぱ

http://mojidepa.com/
サービス名の由来は“文字のデパート”から“もじでぱ”。個人制作者によるフリーフォントを多く取り扱っています。サイトのデザインがポップで親しみやすく、主に個人ユーザーをターゲットとしているようです。

もじでぱ

Fonts.com

http://webfonts.fonts.com/
海外のWebフォントサービスですが、唯一日本語フォントの取り扱いがあります。Type Projectによる人気のアクシスフォントをWebフォントとして使うことができます。

Fonts.com Web Fonts

Realtype Project

http://realtype.jp/
2011年3月にβ版サービスを開始した株式会社リアルタイプによるWebフォントサービス。現在は字游工房の書体ライブラリが使えるようです。また字游工房のサイトにて導入が確認されています。利用には5,000円/月(税別)とのことですが、詳細は別途お問い合わせください。

Realtype Project

今後大きな変化がありそうですが、ひとまず現時点での分布図をまとめてみました。皆さんが使いたいフォントは、どのWebフォントサービスで取り扱いがありますか?全てのフォントがWebフォントとして利用できるわけではありませんのでご注意を。

国内のWebフォントサービス図【2015年10月版】

PAGE TOP